fc2ブログ

認知心理学の視点

認知心理学の視点 -頭の働きの科学- /犬塚 美輪
株式会社サイエンス社/247ページ
2018年11月10日/初版発行
目次 よりよく覚えるためにはどうすればよいか 「イヌ」って何? 「ショックな出来事はよく覚えている」は本当か? 言葉を使うとはどういうことか 「読書百遍意自ずから通ず」? 上手に料理を作るには 未知の世界を理解する みんなでやればうまくいく? 論理的に考えるとはどういうことか 原因を正しくみつけることの難しさ 今日は傘が必要か
 

 心理学の教科書的な本です。認知心理学を活用すると「勉強をうまくできるようになる、よりよい教え方を考えることができる」、「仕事がうまくいかないときにブレイクスルーを作り出せる」、「騙されにくくなる・よりよい判断ができるようになる」と説きます。
 繰り返しますが教科書的な本で、学術研究の結果が説明されていますが、記述自体は平易で読みやすくなっています。


もともと持っているスキーマ(一般的な知識やイメージ)のフィルターを通して、一部を強調したり、見過ごしたり、ない部分を補ったりした結果が、私たちの記憶
 いわゆる記憶のカン違いは、こういう記憶の仕組みが働いた結果と言えそうです。


パプアニューギニアのダニ語には色の名前が2種類しかありません
 2種類って、白と黒でしょうか? それとも、茶色と緑色?


心理学では、「問題」を「目標とする状態と現在の状態の間に差があること」と定義しています
 目標とする状態のレベルを下げれば、「問題」が消滅する?


人は「得をする場面」ではリスク回避的に、「損をする場面」ではリスク志向的になります」
 べつに得しなくてもいいや、でも損はいやだという心理はわかります。特に、せっかく時間をかけて積み上げてきたものであればなおさらです。




スポンサーサイト



tag : 心理教科書

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
FC2
最新記事(T)
手にとるようにわかる ブランディ… 2024/02/26
ストーリーブランディング100の… 2024/02/24
ブランディングが9割《ケーススタ… 2024/02/22
60歳からは脚を鍛えなさい 一生… 2024/02/20
ブレイクスルーブランディング 【… 2024/02/18
80歳の壁 2024/02/16
選ばれる会社になる!ブランディン… 2024/02/14
中欧の不死鳥 ポーランド不屈の千… 2024/02/12
涼宮ハルヒの憂鬱 2024/02/10
銀行を淘汰する破壊的企業(再読)… 2024/02/08
数値化の鬼 「仕事ができる人」に… 2024/02/06
図説 世界の外食文化とレストラン… 2024/02/04
ポーランドの歴史を知るための55… 2024/02/02
スカートと女性の歴史 ファッショ… 2024/01/31
ジェネレーティブAIの衝撃 【8… 2024/01/29
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

広告R
広告R
ブログ村PVランキング
プロフィール

ReadingBooks

Author:ReadingBooks
起きて、読み、走り、食べて、寝る。(※ 本などの写真・リンクは、Amazon.co.jpアソシエイト 及び Rakutenアフィリエイト を利用しています。)

ポチっとな
にほんブログ村 本ブログへ

人気ブログランキング
カテゴリ
死 (5)
UK (10)
USA (1)
酒 (8)
月別アーカイブ
広告R