fc2ブログ

モチベーション脳

モチベーション脳 「やる気」が起きるメカニズム/大黒 達也
2023年2月10日/203ページ
目次:脳は勝手に判断する――脳の予測とモチベーション 「脳の壁」を壊す――変化と維持のせめぎあい 脳と思考の関係――意欲をコントロールする仕組み 脳の「思い込み」――不満を減らすか、満足感を増やすか 最高のモチベーションのために――自ら意欲を高める


 人のモチベーションについて脳の統計学習という点から説明されており、その理論を活用するための本です。解説されている知識と方法により、自分なりのモチベーションアップ技術を確立してほしいとのことです。




 常に当たり前のものに触れ続けていると脳はそれに飽きるとのことです。
予測からズレすぎず、当たり前すぎない「微妙なズレ」に、人は心を動かされると考えられています。(48ページ)
 つまり脳の予測から大ハズレであっても、全くハズレていなくても、脳が興味を失ってしまうということでしょうか。
 であれば学習というものが対象ならいきなり高度なことを勉強するのではなく、段階的に少しずつレベルの高いことを勉強していくのが有効なのでしょう。




 また、いわゆる「報酬」に頼りすぎないことも重要です。
この状態が続くと(略)仕事を依頼してきた人にコントロールされているように感じて、「自律性」が損なわれるのです。(174ページ)
 外部からの報酬がある場合でも、自分の内部からのモチベーションがないと「行動自体が楽しい」ということが発生しないようです。
 つまり「やらされている」感じが強くなると、モチベーションは消えてしまうと。








スポンサーサイト



カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
FC2
最新記事(T)
手にとるようにわかる ブランディ… 2024/02/26
ストーリーブランディング100の… 2024/02/24
ブランディングが9割《ケーススタ… 2024/02/22
60歳からは脚を鍛えなさい 一生… 2024/02/20
ブレイクスルーブランディング 【… 2024/02/18
80歳の壁 2024/02/16
選ばれる会社になる!ブランディン… 2024/02/14
中欧の不死鳥 ポーランド不屈の千… 2024/02/12
涼宮ハルヒの憂鬱 2024/02/10
銀行を淘汰する破壊的企業(再読)… 2024/02/08
数値化の鬼 「仕事ができる人」に… 2024/02/06
図説 世界の外食文化とレストラン… 2024/02/04
ポーランドの歴史を知るための55… 2024/02/02
スカートと女性の歴史 ファッショ… 2024/01/31
ジェネレーティブAIの衝撃 【8… 2024/01/29
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

広告R
広告R
ブログ村PVランキング
プロフィール

ReadingBooks

Author:ReadingBooks
起きて、読み、走り、食べて、寝る。(※ 本などの写真・リンクは、Amazon.co.jpアソシエイト 及び Rakutenアフィリエイト を利用しています。)

ポチっとな
にほんブログ村 本ブログへ

人気ブログランキング
カテゴリ
死 (5)
UK (10)
USA (1)
酒 (8)
月別アーカイブ
広告R