fc2ブログ

日本酒 完全バイブル 【その賞味期限、度数、種類、飲み方など】

日本酒 完全バイブル/八田 信江
2021年11月1日/287ページ
目次:まずは日本酒のキホンを知ろう!日本酒の基本 造りを知れば日本酒がわかる!日本酒ができるまで ラベル、原料、造りから日本酒をひもとく 日本酒を選ぶ 日本酒のたしなみ方から、さらなる楽しみ方まで 日本酒を楽しむ 産地から、酒蔵から、日本酒の魅力がわかる!厳選産地別日本酒ガイド


 日本酒の概要から、造り方、種類、味わい方を紹介する本です。写真などが豊富なので、まさに図鑑としての楽しみ方もあると思います。
 なお、後半は日本各地の日本酒の商品紹介となります。





 日本酒は匂いが気になる方も多いはずです。その匂いを和らげるために冷やしてから飲むことも有効です。
冷や(常温)
冷蔵庫のない時代、日本酒は 燗で飲むか常温で飲むか の二択だったので、燗より温度が低い常温を「冷や」と呼んだ。(8ページ)
 「冷や」は冷酒のことだと思っていました。
 それにしても、酒そのものの温度を変えて飲むのは、海外の酒ではそれほど盛んではない気がします。





 ワインだったらソムリエという職業が存在していて、ワインのプロとしての立場が確立していますが、日本酒の世界ではどうなのでしょうか?
日本酒のテイスティング
目:日本酒にも色がある 脳:記憶をメモして、経験値アップ 耳:開栓時に耳を澄ます 舌:味わいの口中変化を逃がさずキャッチ(114ページ~)
 いわゆる利き酒のことですが、これだけのことをしなければならないのですね。よほど好きでなければできないことです。





四季折々の日本酒
春:花見酒 夏:祭り酒 秋:月見酒 冬:雪見酒(130ページ)
 まさに飲むために理由をつけている感じ。
 これに関連して「日本全国酒飲み音頭」という歌を聞いたことがあります。

  

  

スポンサーサイト



カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
FC2
最新記事(T)
ストーリーブランディング100の… 2024/02/24
ブランディングが9割《ケーススタ… 2024/02/22
60歳からは脚を鍛えなさい 一生… 2024/02/20
ブレイクスルーブランディング 【… 2024/02/18
80歳の壁 2024/02/16
選ばれる会社になる!ブランディン… 2024/02/14
中欧の不死鳥 ポーランド不屈の千… 2024/02/12
涼宮ハルヒの憂鬱 2024/02/10
銀行を淘汰する破壊的企業(再読)… 2024/02/08
数値化の鬼 「仕事ができる人」に… 2024/02/06
図説 世界の外食文化とレストラン… 2024/02/04
ポーランドの歴史を知るための55… 2024/02/02
スカートと女性の歴史 ファッショ… 2024/01/31
ジェネレーティブAIの衝撃 【8… 2024/01/29
60歳からはやりたい放題 実践編… 2024/01/28
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

広告R
広告R
ブログ村PVランキング
プロフィール

ReadingBooks

Author:ReadingBooks
起きて、読み、走り、食べて、寝る。(※ 本などの写真・リンクは、Amazon.co.jpアソシエイト 及び Rakutenアフィリエイト を利用しています。)

ポチっとな
にほんブログ村 本ブログへ

人気ブログランキング
カテゴリ
死 (5)
UK (10)
USA (1)
酒 (8)
月別アーカイブ
広告R