fc2ブログ

ポルシェの生涯 その時代とクルマ

ポルシェの生涯 その時代とクルマ (新訂版)/三石 善吉
2023年8月26日/192ページ
目次:工学者ポルシェの特徴と三つの夢 ポルシェ、青年期の活動(オーストリア・ハンガリー帝国期) ザッシャからメルセデスSまでの時代(ワイマール期(1)) ポルシェ設計事務所での活動(ワイマール期(2)) VW計画の始まり(ナチス期(1)) VW試作車のテストと量産工場の建設(ナチス期(2)) アウトバーンの建設(ナチス期(3)) KdFワーゲンと第二次世界大戦(ナチス期(4)) ポルシェの晩年とその死(ドイツ連邦共和国期)


 自動車の設計者、フェルディナント・ポルシェの伝記です。
 自動車の黎明期に、いちはやく電気とガソリンの ハイブリッド動力 を考え出して実装していることに驚きです。
 筆者によれば、未来を見通す洞察力、5つの自動車会社を渡り歩いたこと、技術の可能性への挑戦、ナチスに対する抵抗者、そしてアウトバーンとの関係にポルシェの生きざまが見いだせるとのことです。



 伝記ものでよく見られるのが子供時代からの非凡な才能という点です。
自分で発電機・配線板・導線などをつくり上げ、この村で初めて 個人住宅に電灯 をともして父親を驚かせた。(14ページ)
 このことにより、工業高校から電機メーカーに就職することができ、技術者としての才能が開花したのだそうです。
 やはり子どもが興味を持つことについて、安易に遮ったり禁止したりすることは良くないのでしょうが、現実にはなかなか難しいものです。
 特に、現在の日本のような減点方式の教育制度下であればなおさらです。
 しかし、平凡なのが一番の幸せ、なんて意見には同意してしまいますが。



 この時代から自動車レースはあったようで、ポルシェが所属する会社も参加しています。
 シシリー島で行われた「タルガ・フローリオ」(フローリオ牌という意味)にて。
ポルシェ自身の運転する車が第2位に入った。(33ページ)
 コースの総距離はなんと432kmで1,100ccクラスでの入賞だったそうです。
 日本の経営者でもPRのためか、自身で自動車を運転してテストコースを走っているようすが報道されたりしますが、ポルシェの場合はそれと異なるように思えます。
 あえて言えば技術者としての情熱でしょうか?
 自分で設計し、形にしたものは、自分で使ってみなければ満足できない?



 しかし技術者として一途すぎることは自身の悲劇につながることにもなります。
 ポルシェも自己の夢が実現できるのであれば、だれの要請にも応じたのだそうです。
スターリンであろうとヒトラーであろうとドゴールであろうと、相手の政治的立場などいささかも関係なかった。(160ページ)
 そのことが戦後の投獄、裁判につながったとのこと。
 技術への強烈な思いが、ほかの政治的・社会的な状況を見えなくさせているとしたら、それは本人だけの責任だとは言えないでしょう。
 生まれた時代が・・・というのは安易ですが、たとえば戦争などがない産業の発展期に生きていたとしたら、どのようなクルマをつくったのでしょうか。




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ポルシェの生涯ーその時代とクルマ [ 三石 善吉 ]
価格:3,080円(税込、送料無料) (2023/11/26時点)



スポンサーサイト



カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
FC2
最新記事(T)
手にとるようにわかる ブランディ… 2024/02/26
ストーリーブランディング100の… 2024/02/24
ブランディングが9割《ケーススタ… 2024/02/22
60歳からは脚を鍛えなさい 一生… 2024/02/20
ブレイクスルーブランディング 【… 2024/02/18
80歳の壁 2024/02/16
選ばれる会社になる!ブランディン… 2024/02/14
中欧の不死鳥 ポーランド不屈の千… 2024/02/12
涼宮ハルヒの憂鬱 2024/02/10
銀行を淘汰する破壊的企業(再読)… 2024/02/08
数値化の鬼 「仕事ができる人」に… 2024/02/06
図説 世界の外食文化とレストラン… 2024/02/04
ポーランドの歴史を知るための55… 2024/02/02
スカートと女性の歴史 ファッショ… 2024/01/31
ジェネレーティブAIの衝撃 【8… 2024/01/29
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

広告R
広告R
ブログ村PVランキング
プロフィール

ReadingBooks

Author:ReadingBooks
起きて、読み、走り、食べて、寝る。(※ 本などの写真・リンクは、Amazon.co.jpアソシエイト 及び Rakutenアフィリエイト を利用しています。)

ポチっとな
にほんブログ村 本ブログへ

人気ブログランキング
カテゴリ
死 (5)
UK (10)
USA (1)
酒 (8)
月別アーカイブ
広告R