fc2ブログ

分断を乗り越えるためのイスラム入門

分断を乗り越えるためのイスラム入門/内藤 正典
2023年7月25日/248ページ
目次:イスラムはパンデミックに強い 強さの源泉はどこにあるのか 「見えない楽園」の力 イスラムは「遅れている」のか? イスラム世界とウクライナ戦争 イスラムと暴力 ムスリムは西欧をどう見ているのか 西欧はなぜイスラムを嫌うのか 分断を超えてムスリムと付きあう


 さまざまな考えがあるイスラムに関連して、肯定または否定という分断された視点では判断することができないムスリム、イスラム世界の姿を記録しておくという意図で書かれた本です。
 イスラムが超国家的なものであることや、危機に強い集まりであることなどが強調されています。
 さらに世界で起きている事象にどう対処していくのか、そして、そもそもイスラム教という宗教が持っている「強さ」とはどういうことかについても解説しています。



 イスラムとのつきあい方について、筆者からの提案が書かれています。
「そういう人もいるかもしれない、いたとして、だから何?」というところで止めておくのも一つの 共生の知恵 ではないでしょうか。(75ページ)
 たしかに隣人は友達ではありませんから、考え方の相違について気にする必要はないと思います。
 しかし、問題になるのは生活習慣の相違に起因するものです。
 これはムスリムではありませんが、海外からの人の居住が多い地域では、ごみ出しや騒音などさまざまな「被害」が発生していると聞きます。



 筆者はムスリムの暑苦しい家族関係は苦手だといいます。
政府がダメでも家族がある。お金はなくても家族がある。この安心感と幸福感があれば、家族を増やそうと思える でしょう。(77ページ)
 つまり最後のよりどころとなるのですね。
 家族さえいれば何とかなり、これが高い幸福度につながっているのかもしれません。
 まるで、昭和時代の東京や大阪の下町での人間関係のようです。
 たしかに「暑苦しい」のですが。



 また、ムスリムの皆さんの、他人の信仰に対する関心 についても注意する必要があるそうです。
ムスリムは、本来、信仰に関して、他人の内面に関心を持っていないし、持つべきだと思っていない(217ページ)
 イスラムとは神と個人との契約である以上、他人の信仰は全く関心の外なのだそうです。
 だから、欧米が男女平等やLGBTについて主張しても、ムスリムの人たちは、それを尊重はするが自分には関係がないと思うのでしょう。
 これが双方の主張がかみ合わない理由なのではないでしょうか。



 また、具体的な接し方についても。
日本人は、よく「どうして豚を食べないの?」とムスリムに尋ねますが、あれはやめた方がよいように思います。(226ページ)
 これを日本人に対する質問に置き換えると「どうして猫を食べないの?」ということになるのだそうです。
 つまり、お互い豚、または猫を食べ物だとは思っていない。
 文化的な相違と簡単に言われますが、実際の生活で実践するとなるとこういった配慮が必要なのですね。
 このように日本人の感覚ではどのような意味なのかについて、具体的な例示をしてくれるのはありがたいです。






[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

分断を乗り越えるためのイスラム入門 (幻冬舎新書) [ 内藤 正典 ]
価格:1,034円(税込、送料無料) (2023/11/26時点)



スポンサーサイト



カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
FC2
最新記事(T)
手にとるようにわかる ブランディ… 2024/02/26
ストーリーブランディング100の… 2024/02/24
ブランディングが9割《ケーススタ… 2024/02/22
60歳からは脚を鍛えなさい 一生… 2024/02/20
ブレイクスルーブランディング 【… 2024/02/18
80歳の壁 2024/02/16
選ばれる会社になる!ブランディン… 2024/02/14
中欧の不死鳥 ポーランド不屈の千… 2024/02/12
涼宮ハルヒの憂鬱 2024/02/10
銀行を淘汰する破壊的企業(再読)… 2024/02/08
数値化の鬼 「仕事ができる人」に… 2024/02/06
図説 世界の外食文化とレストラン… 2024/02/04
ポーランドの歴史を知るための55… 2024/02/02
スカートと女性の歴史 ファッショ… 2024/01/31
ジェネレーティブAIの衝撃 【8… 2024/01/29
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

広告R
広告R
ブログ村PVランキング
プロフィール

ReadingBooks

Author:ReadingBooks
起きて、読み、走り、食べて、寝る。(※ 本などの写真・リンクは、Amazon.co.jpアソシエイト 及び Rakutenアフィリエイト を利用しています。)

ポチっとな
にほんブログ村 本ブログへ

人気ブログランキング
カテゴリ
死 (5)
UK (10)
USA (1)
酒 (8)
月別アーカイブ
広告R