fc2ブログ

図説 スペインの歴史

図説 スペインの歴史/立石 博高、黒田 祐我
2022年5月30日/159ページ
目次:ローマとヒスパニア 西ゴート王国の時代 アンダルスの時代 キリスト教諸王国の発展 スペイン帝国の幕開けと興隆 スペイン帝国の陰り ブルボン王朝と啓蒙改革 革命と反革命の時代 ブルボン王朝の復古体制 第二共和政とスペイン内戦 フランコ独裁体制 体制移行と民主主義のスペイン


 スペイン史を専門とする筆者によるスペインの歴史を解説した本です。
 内容はまさに教科書ですが地図・写真などは一般的な教科書よりも多いため、これがおおいにスペインの歴史の理解を助けるような気がします。
 「フィリピン」の名称は「フェリーぺ2世」の名前にちなんでいるそうです。
 また「ゲリラ」という言葉はスペイン語であり、18世紀に行われたフランス軍に対する「攪乱行動」が起源なのだそうです。




しかしこの動きを、通俗的な「国土回復運動」という呼称でとらえてはならない。この動きが最初に生じた(略)のは「未開」領域であり、キリスト教化の程度についても議論の余地があるからである。(38ページ)
 イスラム勢力をイベリア半島から排除することになったレコンキスタ。その最初の動きは必ずしもキリスト教徒側からのものではなかったのですね。
 キリスト教徒側は、そのイスラム教を追い出す流れに乗っかっただけ?




 最初に大航海時代を切り開いたのは、なぜポルトガルやスペインなのかという疑問をもっていました。
イベリア半島のキリスト教諸国がアンダルスやマグリブといったイスラーム世界と濃密な接触を繰り返しており、天文学航海技術 のいち早い発展をみた(略)。(60ページ)
 この2つの国が大西洋と地中海との結節点に位置していたばかりではなく、遠くに航海するための技術や知識を、諸外国と比較していち早く獲得していたからということですね。









スポンサーサイト



カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
FC2
最新記事(T)
手にとるようにわかる ブランディ… 2024/02/26
ストーリーブランディング100の… 2024/02/24
ブランディングが9割《ケーススタ… 2024/02/22
60歳からは脚を鍛えなさい 一生… 2024/02/20
ブレイクスルーブランディング 【… 2024/02/18
80歳の壁 2024/02/16
選ばれる会社になる!ブランディン… 2024/02/14
中欧の不死鳥 ポーランド不屈の千… 2024/02/12
涼宮ハルヒの憂鬱 2024/02/10
銀行を淘汰する破壊的企業(再読)… 2024/02/08
数値化の鬼 「仕事ができる人」に… 2024/02/06
図説 世界の外食文化とレストラン… 2024/02/04
ポーランドの歴史を知るための55… 2024/02/02
スカートと女性の歴史 ファッショ… 2024/01/31
ジェネレーティブAIの衝撃 【8… 2024/01/29
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

広告R
広告R
ブログ村PVランキング
プロフィール

ReadingBooks

Author:ReadingBooks
起きて、読み、走り、食べて、寝る。(※ 本などの写真・リンクは、Amazon.co.jpアソシエイト 及び Rakutenアフィリエイト を利用しています。)

ポチっとな
にほんブログ村 本ブログへ

人気ブログランキング
カテゴリ
死 (5)
UK (10)
USA (1)
酒 (8)
月別アーカイブ
広告R