fc2ブログ

フランス人は生きる喜びを知っている

フランス人は生きる喜びを知っている 人生に貪欲なパリジャンに囲まれてみつけた小さな幸せ/Ryoko Paris Guide
2023年3月23日/363ページ
目次:人生で「愛する」チャンスを逃さない アぺロ、ホームパーティ、カフェ大好き バカンスのために働き、バカンスのために生きる おフランスのリアルな食卓 おフランスでの出産・子育て 家も車もパートナーも中古の国 Ryokoのパリガイド それでも愛してやまないおフランス

 フランス政府公認ガイドであり、ユーチューバーでもある筆者がフランス流人生の楽しみ方、パリ庶民の生活などを紹介しています。
 社会よりも個人の幸せを容認する文化、幸せを追求する姿勢は大いに参考になるとのことです。
 パリ生活を紹介する本のなかでは、比較的詳細に、多分野にわたって説明されていますね。




 飲酒=人生を楽しむという考えがあるようですが。
ただ、私が抵抗感を覚えるのは(略)妊娠中の飲酒にとても寛容 だということ。(100ページ)
 この点が他の本に見られるようなフランス(パリ)生活礼賛本と異なる部分ですね。
 フランスでも様々な問題点があり、そのことに対する意見がしっかりと述べられています。




 礼儀作法については基本的には万国共通であるとも。
どなたかのお家に招待されたら「何も持ってこなくてもよいわよ」と言われても、手ぶらではお邪魔しない 、といったことは日本でもフランスでも同じだと思います。(114ページ)
 それこそお互いに「気を遣う」ことなのかもしれません。




 筆者は子育てをなさっていますので学校の話も。
災害の避難訓練はありませんが、「 テロリストが侵入 した緊急事態を想定して」教室に隠れて、音をたてない訓練をするそうです。(256ページ)
 これは「お国柄」といったところでしょうか?
 日本の学校では火災になったときの避難訓練は必ずありますね。そしてなぜか体育館に避難するという。








スポンサーサイト



カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
FC2
最新記事(T)
ストーリーブランディング100の… 2024/02/24
ブランディングが9割《ケーススタ… 2024/02/22
60歳からは脚を鍛えなさい 一生… 2024/02/20
ブレイクスルーブランディング 【… 2024/02/18
80歳の壁 2024/02/16
選ばれる会社になる!ブランディン… 2024/02/14
中欧の不死鳥 ポーランド不屈の千… 2024/02/12
涼宮ハルヒの憂鬱 2024/02/10
銀行を淘汰する破壊的企業(再読)… 2024/02/08
数値化の鬼 「仕事ができる人」に… 2024/02/06
図説 世界の外食文化とレストラン… 2024/02/04
ポーランドの歴史を知るための55… 2024/02/02
スカートと女性の歴史 ファッショ… 2024/01/31
ジェネレーティブAIの衝撃 【8… 2024/01/29
60歳からはやりたい放題 実践編… 2024/01/28
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

広告R
広告R
ブログ村PVランキング
プロフィール

ReadingBooks

Author:ReadingBooks
起きて、読み、走り、食べて、寝る。(※ 本などの写真・リンクは、Amazon.co.jpアソシエイト 及び Rakutenアフィリエイト を利用しています。)

ポチっとな
にほんブログ村 本ブログへ

人気ブログランキング
カテゴリ
死 (5)
UK (10)
USA (1)
酒 (8)
月別アーカイブ
広告R