fc2ブログ

おっぱいの科学

おっぱいの科学/フローレンス・ウィリアムズ
株式会社東洋書林/328ページ
2013年8月31日/第1刷発行
目次 乳房の惑星/誰がために胸はある/哺乳はこうして始まった/乳房の配管工事のやり方、教えます/豊胸の時代/おなかのなかまで届く毒/シャンプーやマカロニが少女の思春期を早める?/妊娠と乳がんの割り切れない関係/母乳vs.ミルク、正しいのはどっち?/母乳のなかの聖なる細菌、何より大事な人間の腸/酸っぱいミルク/未踏の荒野にひしめくピルとホルモン剤/誇り高き少数の男性患者たち/あなたは高密度? 追いゆく乳房と乳がん検診/乳房の未来
 

 目次を見てわかるように乳房をあらゆる科学的な面から追及しています。筆者の個人的な興味から始まり、化学的・医学的・社会学な面からのアプローチが多いようです。
 なお、「○○の科学」という書名にしなければいけなかったのでしょうか? 原題の BREASTS - a natural and unnatural history のほうがしっくりきます。


新生児も乳汁を分泌することがあり、これを魔乳(まにゅう)と呼ぶ
 なぜ「魔」なのか? なお日本語では「鬼乳」「奇乳」ともいうそうです。


「沈黙の春」が刊行された1年半後、(著者のレイチェル・)カーソンは56歳で亡くなった。乳がんだった
 これは知りませんでした。告発を行った者が、その告発した対象によって命を落としたことになるのでしょうか?


ホセ(・ルッソ)は小柄で贅肉がなく、赤褐色の髪を短く刈り込み、顔の半分が眼鏡のように見える
 多数の科学者などにインタビューを行っていますが、対象の外見を詳しく説明しています。


空前の需要を作り出そうと、製薬会社と医師は女性の虚栄心や理性に訴え、更年期障害といういわばまったく新しい病気を作り出した
 ひねくれた見方ですが、不安をあおるという点では結果的にそうなっていますね。



 紹介されている書籍など
 「カッコーの巣の上で」
 





スポンサーサイト



tag : 病気

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2
最新記事(T)
手にとるようにわかる ブランディ… 2024/02/26
ストーリーブランディング100の… 2024/02/24
ブランディングが9割《ケーススタ… 2024/02/22
60歳からは脚を鍛えなさい 一生… 2024/02/20
ブレイクスルーブランディング 【… 2024/02/18
80歳の壁 2024/02/16
選ばれる会社になる!ブランディン… 2024/02/14
中欧の不死鳥 ポーランド不屈の千… 2024/02/12
涼宮ハルヒの憂鬱 2024/02/10
銀行を淘汰する破壊的企業(再読)… 2024/02/08
数値化の鬼 「仕事ができる人」に… 2024/02/06
図説 世界の外食文化とレストラン… 2024/02/04
ポーランドの歴史を知るための55… 2024/02/02
スカートと女性の歴史 ファッショ… 2024/01/31
ジェネレーティブAIの衝撃 【8… 2024/01/29
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

広告R
広告R
ブログ村PVランキング
プロフィール

ReadingBooks

Author:ReadingBooks
起きて、読み、走り、食べて、寝る。(※ 本などの写真・リンクは、Amazon.co.jpアソシエイト 及び Rakutenアフィリエイト を利用しています。)

ポチっとな
にほんブログ村 本ブログへ

人気ブログランキング
カテゴリ
死 (5)
UK (10)
USA (1)
酒 (8)
月別アーカイブ
広告R