fc2ブログ

超ジョブ型人事革命

超ジョブ型人事革命/西尾 大
日経BPマーケティング/285ページ
2021年3月15日/第1版第1刷発行
目次 「第4次人事革命」がはじまっている 対応すべき課題 超ジョブ型プロフェッショナルの育成と受け入れ ビジネスモデル革新とHR戦略 人事部トランスフォーメーション 「やり方」ではなく「考え方」から始める
  

 人的資源管理の面において成功している企業は「考え方」をしっかり持っており、失敗した企業はその逆であるとして、経営者など管理に関わる人の認識により、この改革は、今後の企業経営などに決定的な影響を与えると主張されています。安易にジョブ型雇用を導入するのではなく、どういった思惑で導入するのかについて、まず考えるべきなのだそうです。


ジョブ型は「ドライ」であるからこそ機能するのであって、「ウェット」なそれは、もはやジョブ型ではないのです。結局、まあ少し「仕事を明確にしました」程度になってしまいます。
 ウェット・ドライで表現するのはよくわかりません。要は、日本人に合っているかどうか?
 しかし、その企業にとって必要な「ジョブ」が無くなったから、その担当社員を解雇するというのは、確かにドライですが。ジョブを見て人を見ず?


社員それぞれが、自分の給与を自分で決められたら、みんなモチベーション高く、また責任感強く、働けるのでないでしょうか。
 しかし、実務上は自分で決めるのは非常に困難のなのでは?
 現実はいいとこ「妥協」でないかと思いますが。


リッツ・カールトンが、社員に1日2000ドルの決裁権を委譲しているというのは有名な話です。
「任せる」ことによりやりがいを持ってもらう施策です。
 「ドライ」と「やりがい」。ぱっと見、相反するような思想が混在している点に興味があります。しかし、メソッドとミッションの違いと考えればいいのでしょう。



 




スポンサーサイト



カレンダー
01 | 2022/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
FC2
最新記事(T)
ストーリーブランディング100の… 2024/02/24
ブランディングが9割《ケーススタ… 2024/02/22
60歳からは脚を鍛えなさい 一生… 2024/02/20
ブレイクスルーブランディング 【… 2024/02/18
80歳の壁 2024/02/16
選ばれる会社になる!ブランディン… 2024/02/14
中欧の不死鳥 ポーランド不屈の千… 2024/02/12
涼宮ハルヒの憂鬱 2024/02/10
銀行を淘汰する破壊的企業(再読)… 2024/02/08
数値化の鬼 「仕事ができる人」に… 2024/02/06
図説 世界の外食文化とレストラン… 2024/02/04
ポーランドの歴史を知るための55… 2024/02/02
スカートと女性の歴史 ファッショ… 2024/01/31
ジェネレーティブAIの衝撃 【8… 2024/01/29
60歳からはやりたい放題 実践編… 2024/01/28
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

広告R
広告R
ブログ村PVランキング
プロフィール

ReadingBooks

Author:ReadingBooks
起きて、読み、走り、食べて、寝る。(※ 本などの写真・リンクは、Amazon.co.jpアソシエイト 及び Rakutenアフィリエイト を利用しています。)

ポチっとな
にほんブログ村 本ブログへ

人気ブログランキング
カテゴリ
死 (5)
UK (10)
USA (1)
酒 (8)
月別アーカイブ
広告R